ブログ・新着情報

BLOG

桜の花

今年は、宴のタイミングはなかったのですが、

ずいぶんいろいろな場所で、桜を観る機会に

恵まれました。

「散る桜 残る桜も 散る桜」

江戸時代の僧侶、良寛和尚の辞世の句と

言われている歌です。

やがて散りゆく運命を背負いつつ、

桜は見事に、美しく咲いているのですね。

一度きりの人生を、

より有意義なものとするためにも、

心に描くビジョンを時々点検しています。

一花、また一花と

人様にお喜び頂ける花を咲かせて、

これまでお世話になった方、

今もお育てくださっている方々に

「いい花を咲かせたね。」

と言ってもらえる日が来ることを

切に願っています。