ブログ・新着情報

BLOG

July 22, 2020

前々から、一度行ってみたいと思っていた水景色を観に行くことができました!^^

岐阜県の養老町に『まんが日本昔ばなし』(テレビアニメです)でも紹介された、人気の滝があります。日本滝百選にも選定されている『養老の滝』です。

ちなみに『まんが日本昔ばなし』のあらすじです。

~山奥に病気で寝たきりの父親と、幼い息子が住んでいたました。息子は山で薪を拾って町へ売りに行ったり、谷で魚を捕ったりして暮らしていました。ある日、息子が山の中で、どこからか香ってくる甘くて良い匂いの元を探して歩いていると、あやまって谷底に落ちてしまいました。そこには大きな滝壺があって、甘い匂いはその滝の匂いでした。

息子が、手で水をすくって一口飲んでみると、体中が熱くなって元気が出てくるような気がしました。そこで、これは父親の病気にも効くかもしれないと思い、滝の水を瓢箪に入れて持ち帰り、父親に飲ませました。

すると父親から『これは酒だ』と言われ、不思議なことに次の日から父親の病気がよくなりはじめて、やがてすっかり元気になりました。この噂が広まり、感心な息子が年老いた父親を養ったことから、養老の滝と言われて長く語りつがれました。~

なんだか心が温かくなるような不思議なお話ですよね。^^

はじめて訪れた養老の滝ですが、平日にも関わらず、落差32m幅4mの荘厳な流れを、たくさんの方が観に来られていました

July 2, 2020

水の妖精スミィちゃんと一緒に、「水専門チャンネル(YouTube)」をコツコツ更新しております。

透明で、見た目では、なかなか違いがわかりづらいのが「水」です。6月は「浄水器をご使用の方に、ぜひ、お伝えしたいこと!」のようなテーマでもお話させていただきました。日本では、約40パーセントの割合で浄水器が普及されているといわれています。表題にございますように、浄水器をご使用の際には「このポイントは、ぜひ、重要視していただきたいな~。」と感じる点をお話しさせていただいております。

手探りで始めたYouTubeチャンネルですが、水の仕事を通じて知ったことを動画でお伝えすることで、何か少しでもお役に立つことがあればと思いつつ取り組んでおります。

「水専門チャンネル」今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

PS.時々ご質問をいただく、「硬水」と「軟水」について解説させていただきました。

よろしければご覧ください。→ https://youtu.be/gaQfGgPn7iY

May 31, 2020

YouTubeに、水に関する様々な話題をお伝えする新しいチャンネルを開設しました。その名も「水専門チャンネル」です!(ストレートでわかり易いかと。(^^ゞ)

浄水器や雨水タンクの普及活動に携わりはじめて、かれこれ20年以上経ちますので、こと水のことに関しましては、実務経験上、皆様のお知りにならないことも知っているかもしれません。

水は透明で、見た目では、なかなか違いが分かりません。そんな水の簡単な調べ方など、自分が知っていることを動画でお伝えすることで、何か少しでもお役に立つことがあればと考えるようになったことがチャンネル開設のきっかけです。

また、ここで発信することが、自らの掲げる行動指針「子供たちに、せめて、水からはカラダに有害なものを侵入さない!」ことに、わずかでも繋がれば、とても嬉しいな~とも思っております。

チャンネル登録などしていただけると、とっても励みになります。「水専門チャンネル」どうぞよろしくお願いいたします。

April 30, 2020

昨年の春、防災士の認証を受けるために『防災士教本』という分厚い本を手にして勉強を始めました。その後、幾つかの大学の先生方にご縁をいただけたこともあり、防災に関する学びを継続しています。

そんな中、「レジリエンス」という言葉をよく見聞きするようになりました。(新しい言葉ではなく、私が知らなかっただけです。)

一般的には、復元力や弾力性と訳されるようですが、災害や防災において用いられる場合には、地震や津波といったハザードによって引き起こされる想定外の被害から、 組織や地域社会がしなやかに立ち直る力というようなイメージで使用されています。

ところで「レジリエンス」とは、もともとは心理学で使われている言葉だそうです。Wikipediaによりますと『レジリエンスとは、社会的ディスアドバンテージや、己に不利な状況において、そういった状況に自身のライフタスクを対応させる個人の能力と定義される』と説明されています。

 ここのところ、予期せぬ社会環境の変化で、個人的にも一日の過ごし方が大きく変化しています。

 会議や各種の打ち合わせをすべてリモートに切り替えたこともあり、移動に費やしていた時間が従来より格段に少なくなりました。

 レジリエンスを強化するために、今、為すべきことを考えて、一つ、また一つと実践していこうと思います。

一日も早く、社会に明るく元気な笑い声が戻りますように。

February 29, 2020

昨年から、YouTubeに、水に関する身近な話題の解説動画をアップし始めましたが、今度は、それらの動画をテーマ別にまとめて「水の専門チャンネル」を立ち上げようと思います。

(ただ今、チャンネル名を考案中です。(^^ゞ)

皆様が毎日触れる「水」ですが、私の場合は、仕事としても接しておりますので、少しくらいは皆様がお知りにならないことも現場体験などを通して知っているかもしれません。

健康や環境保全の視点で「ぜひ、これはお伝えしたい!」という内容や、「えっ〜知らなかった、面白いねと。」と感じていただけるような豆知識などを、なるべく分かりやすく工夫をこらしながらお伝えしたいと考えています。

チャンネルを開設しましたら、ブログでもご報告させていただきます。

不思議な水の妖精も登場予定です。^^

ご視聴いただけると、とっても嬉しいです!

January 20, 2020

皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

水道のことやミネラルウォーターのことや浄水器のことなど、身近な水の話題を、なるべく簡単に、分かりやすい言葉でお伝えしたいな~、と考えまして、昨年から、水に関する話題を中心にした動画を『WEB解説』というシリーズ名で、YouTubeにアップしております。

スタート2年目となる今年は、水の面白実験や簡易測定を写真付記事や動画でお届けしていきたいと思います。

透明で、見た目ではわかりにくい水の違いを、少しでもお伝えできるよう工夫をこらしてまいります!

「チャンネル登録(無料)」や「いいね」や「コメント」などちょうだいできますと、とっても励みになります。^^

どうぞよろしくお願いいたします。

⇊ ⇊ ⇊ ⇊

https://youtu.be/3QGvHMVD0G0

December 28, 2019

島根の出張帰りに広島へ寄り、船で宮島に渡って、厳島神社にお詣りさせていただきました。

1600年の歴史を誇り、世界文化遺産にも登録されている厳島神社は、境内が弓上に広がる遠浅の浜にあります。

潮が引いた時には、大鳥居まで歩いて行けるような状態ですが、満ちた時には、社殿があたかも海に浮かんだような景観となります。

今回は、潮の引いた時間帯でしたので、浜を歩きながら大鳥居へ近づき、

宮島のシンボルを間近で見上げることができました。

現在、修復工事中ですが、楠でつくられたこの16メールもある大きな鳥居は、平安時代から数えて8代目だそうです。

ちなみに、この大鳥居、根本が地中深か~く埋められているのではなくて、、、

自分の重みだけで建っているそうです。

上部に何トンもの石が詰めてあったり、安定感のある6柱にしてあったり、

動きやひずみなどを自然に吸収できる特殊な造りのクサビがほどこされていたりと、驚くような技術が詰まっています。

まさに先人の知恵のたまものです。

島内を流れる白糸川も、とっても清らかでした!

動画をアップしております。可愛い鹿も登場しておりますので、ぜひ、ごらんください。^^

⇊  ⇊  ⇊  ⇊

https://youtu.be/X3loVA7TO-Y

November 30, 2019

会員の皆様の中には、子供の頃や青春時代の思い出がつまった川があるという方もいらっしゃるかもしれません。

私にとりまして、そのような川のひとつが「大和川」です。

奈良県から大阪平野へと流れて大阪湾に注ぎ込む大和川は、仕事に行く際に今も頻繁に目にしている一級河川です。

大阪府の柏原市に生まれましたが、当時住んでいた家から歩いて10分くらいのところに大和川が流れていました。

よく、河原で遊びましたので、思い出もたくさんあります。

そんな大和川ですが、私が子供の頃、一級河川として、あることが日本で一番でした。

動画シリーズ『WEB解説』で、大好きな大和川の事をお話しております。

ぜひ、ご覧になってください。^^

  ⇊ ⇊ ⇊ ⇊ ⇊ ⇊ ⇊ ⇊

https://youtu.be/-k2Pyky5nPo

October 21, 2019

たくさんの人に伝えたいことがあって、そのことを文章や写真だけでなく、動画で伝えることもできるのに、そのプラットホームを活用しないのは「勿体ないな~」と思いまして、、、。

新しい取り組みを始めました!

『WEB解説』というネーミングで、水道のことやミネラルウォーターのことや浄水器のことなど、身近な水の話題を、なるべく簡単に、分かりやすい言葉でお伝えできるように心がけてまいります。

角田隆志の『WEB解説』

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

https://youtu.be/9P0Q-jIRrBs

★初回は、海水すら飲めるようになるスゴイ技術についてお話しました。

チャンネル登録していただけると、とっても励みになります。^^

September 24, 2019

世界遺産、富士山の構成資産にも登録されている名瀑を訪れました。

すぐ隣(歩いて3分ほど)にありながら、とても対照的な景観をみせてくれる

「白糸の滝」と「音止めの滝」です。

高さ20ⅿ、幅150ⅿの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちている白糸の滝は、その名にふさわしく、幾筋もの絹糸をさらしているような美しさです。

 優しく、女性的な感じで、滝壺近くに立つと、三方が水のアーチと

なって幻想的な世界を見せてくれます。

ちなみに、この滝を流れるほとんどの水は、富士山の湧水です。

 雪解け水が、上部の水を通す地層「新富士火山層」と下部の水を通さない地層「古富士火山層」の境を流れて、ここ白糸の滝の岩間から湧き出しているそうです。

 触れてみると、とっても冷たく、そして、澄んでいました。

そして、その白糸の滝から台地を隔てた東側に位置するのが「音止めの滝」です。高さ25ⅿの絶壁から轟音を響かせながら、白糸の滝とは対照的な勇壮な姿をみせてくれます。

どちらも、古くからその見事な眺めを人々に愛され続けてきました。

動画をアップしましたので、ぜひ、澄みきった美しい流れをご覧ください。^^

https://youtu.be/-cyORBQaflM

Please reload

Copyright©川を愛する会. All rights reserved.